Water heater

寿命があるのは人間だけではない|給湯器の買い替え時

突然壊れることもある

お風呂での異変に要注意

給湯器

生活に欠かせない給湯器ですが、10年前後が寿命と言われています。耐用年数は、給湯器の設置場所など環境にも寄りますが、突如壊れてしまう場合もあります。交換には150,000円前後の費用がかかることもあり、できる限り長持ちしてもらいたいものです。故障にはいくつか前触れがあり、以下の症状が出た場合には注意が必要です。シャワーの温度が一定ではなくなる、エラーコードが表示される、給湯器から音がする、湯量に変化がある(シャワーの水圧が安定しない等)、お湯はりをすると温度が安定しないなどが挙げられます。テレビ、冷蔵庫、電子レンジなど他の家電のように馴染みがない給湯器ですが、お風呂に入るためには絶対的に必要なものであり、壊れてしまうと一大事です。すぐに修理できる程度の故障であれば問題ありませんが、交換が必要になる場合もあります。故障する前から異変に気付き、家の給湯器がどれくらいの年数を経過しているのかを把握しておくことが大切です。故障にすぐに対応してくれる業者もありますが、交換になった場合に業者が在庫を持っていないと1〜2週間もの間、商品の入荷を待つこともあります。特に寒い冬などに、給湯器がフル稼働して故障につながるケースもあるため、早めに異変に気づき、点検などの依頼をすることが大切です。8〜10年ほど経過している場合、交換を進められることが多く、最近ではエコに特化した商品なども出ているため、故障を機に新しい給湯器に交換するのも一つの手です。耐用年数を過ぎた給湯器を使っている場合、お風呂に入った時などの変化には注意して過ごすことで、突然の故障に備えることができます。

給湯器の修理対応について

男性

給湯器は毎日お風呂に入って入浴したりとか、或は洗い物を行う際に利用しています。また給湯器にはお湯を作る際に使用する燃料として様々な種類が有りまして、例えば都市ガスやプロパンそして灯油など地域によって使用する物が異なって来ます。そしてこれらの給湯器は屋外に設置されていますので、年月の経過と共に劣化が進行するなどして時には故障する事も有るのです。そこで修理を依頼する事になるのですが、この際には保証期間内ですと無料にて対応してもらえるのですが、保証期間外ですと有償となりますので部品交換以外にも修理後の点検整備なども必要となって来ますので、業者によって料金が異なって来ます。これらの給湯器の修理費用を安くしたいと考えられている場合には、インターネットの比較サイトなどを活用する事もお勧めでして、ここでは修理業者の特徴などを比較しながら検討を進める事が出来るからです。またこれ以外にも人気ランキングサイトなども有りますので、ここでは多くの業者の中から人気の高い修理業者を絞り込む事が出来るのです。これから給湯器の修理を行う方においては、これらのインターネットの各種情報サイトを活用するなどして、対応して行く事がお勧めとなります。またインターネットにおいては、修理費用の概算を一括見積もりしてくれるサイトなども有りますので、これらの情報サイトを活用する事も一つの手段となって来ます。

壊れたな、と思ったら

お風呂

給湯器が壊れたかもしれない場合は、すぐに業者を呼んだほうがいいでしょう。給湯器が故障してしまうと、お湯が使えなくなり、冬場は特に困ります。まず最初に、業者を呼ぶ前に、まずガスの匂いがしないか確認してください。給湯器の故障によって、ガスが漏れてしまっているかもしれません。その場合、火気には注意しましょう。引火して、火事になるのを防ぎます。そして、業者を呼びます。ただ、給湯器の修理を依頼する際には、一社で決めるのではなく、複数の業者をみたほうがいいでしょう。ある業者では交換と言われても、もう一つの業者では、修理で十分と言われることもあります。給湯器の使用年数によっても、どちらがいいかは変わります。比較検討をおすすめします。給湯器が交換となった場合、人気のものを選びたいですよね。人気の給湯器にはどんな機能があるのか紹介します。まず、多くの給湯器には、追い焚き機能がついています。お風呂の冷めてしまったお湯を温め直すことができます。お湯を入れ替えずにすみ、経済的です。シャワーのお湯を使用し、再度出すときに、水からお湯になるまでのタイムラグをなくす機能があるものも人気です。一時的に冷たい水を出さないことで、快適にシャワーを使用することができます。予約機能がついているのも、選ばれるようになってきました。タイマーを自分の帰宅時間に設定すれば、帰ってすぐにお風呂にはいることができるからです。もちろん、予算との都合もあるかと思います。せっかくなので、最新の機能がついたものも検討してみてください。